ノミを退治するブログ

家庭やペットにつく厄介な害虫、ノミ。 ノミの生態・刺された時の症状・駆除・ノミ除けと予防法・ペットのノミ対策までノミを徹底分析!家庭でできる、ノミを確実に退治する方法教えます。

--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/06/17 10:13

幼虫発育阻害剤(IGR)とは 


幼虫発育阻害剤とは

幼虫発育阻害剤 (IGR=Insect Growth Regulator)
●ルフェヌロン
●ピリプロキシフェン など

幼虫発育阻害剤とは?

幼虫発育阻害剤とは昆虫の成長を妨げる薬剤
(英語名:IGR=Insect Growth Regulator)
ノミ・ダニ・ゴキブリなどの寄生昆虫が成長するのを
妨げる効果があります。

主な阻害剤は、ルフェヌロンとピリプロキシフェン。
ルフェヌロンは昆虫の体表を作っているキチンの合成を阻害、
ピリプロキシフェンは昆虫ホルモンと同じ作用を持つ化合物で
昆虫の変態(卵→幼虫→さなぎ→成虫)を阻害し、
正常な成長を妨げます



ノミが成長し成虫になるのを防ぐ事ができるため、
• ノミに刺されるのを防ぐ(ヒトや動物を刺すのは成虫だけ)
• ノミが繁殖するのをふせぐ
などの効果があります。

ペットのノミ駆除剤として知られているフロントライン
アドバンテージ・プラスなどは、この幼虫発育阻害剤を含んでいます。


その効果は絶大で即効性があり
1~6ヶ月、ノミの発育を防ぐ事が可能。
続けて使用するうち、ノミは繁殖が妨げられて次第に数が減り、
いずれ絶滅してしまいます。
また、昆虫にのみ効くので、ヒトや動物には
ほとんど害はないそうです。

ただし、成虫を殺す作用はないので、
現在すでにノミが発生している場合には、
成虫を駆除する殺虫剤と併用しなければなりません。

アメリカなどでは室内・屋外用の幼虫発育剤が
ネットなどで買えますが、
日本では残念ながら、ペット用の錠剤・投与薬以外は
市販されていないようです。
(注:これは私が調べた限りの情報ですので、もしご存知の方がいたら是非教えてください)

幼虫発育剤が入っている駆除剤などが見つかったら、また情報をUPします。


目次へ戻る
スポンサーサイト

2006/06/16 09:25

ノミの駆除 ~室内編~ 

ノミの駆除 ~室内編~
ノミはどこにいる?


家庭内でノミがひそみやすいところは

1.カーペット:カーペットの表、裏、繊維の奥深くまで
2. ソファー:ソファーの下、クッションの裏側や中の繊維など
3. ベッド:ベッドの下のほこり、マットレスの継ぎ目など
4. ふとん
5. 衣類:ズボンの折り返し、生地の継ぎ目
6. :板の間の継ぎ目・裂け目など
7.
8. ペットの寝床
9. 家具の下、部屋の隅などホコリのたまりやすいところ

ノミの幼虫は「暗い場所」を好み、「下に向かう習性」があります。幼虫がそのまま「さなぎ」になり、孵化(ふか)して成虫になるので、
上の1~9に挙げた場所は室内でも要注意です。

目次へ戻る

2006/06/15 08:21

ノミの駆除 基本編 1 はじめに知っておこう 

ノミの駆除 基本編 1
~はじめに知っておこう~


さあ、ノミ退治のはじまり!
でもノミの駆除を成功させるために
是非知っておいて欲しい事があります。

1) ノミの駆除は「根気よく」
ノミは一度の駆除で完全には退治できません。
成虫を退治しても、殺虫剤にも強い「卵」や「さなぎ」は殺せません。
1~2ヵ月後にはまたすぐに繁殖してしまいます。
ノミ退治は根気が大切。
根気よく続ければ、ノミは必ず撲滅できます。

2) ノミの駆除は「幼虫対策」が一番大切
ノミの成虫は発生したノミのわずか5%にすぎず、
95%は卵・さなぎ・幼虫です。
特に「卵」と「さなぎ」は強い殺虫剤にもまけず、
冬を越す事だって平気です。
ですからノミ退治は成虫を駆除することはもちろんですが、
「卵」「さなぎ」「幼虫」を退治する事が一番肝心です。
これらのノミ予備軍には「幼虫発育阻害剤」という薬が必要です。
                
           →「幼虫発育阻害剤」について詳しくはこちら


3) 部屋はいつも「清潔」に
ノミの幼虫はホコリの中などに多く潜んでいます。
床下・ソファ・カーペット・ふとん・ペットの寝床、
床・畳の隙間・家具の下などに入り込み、
ヒトやペットの毛・ツメ・フケ・皮膚のかけら、
ふとんやクッションの羽、親のフン、ゴミなど
あらゆる有機物をエサにしています。

これらのノミのエサを断つため
ノミがいそうな場所は、いつも清潔を保ちましょう。

またノミの卵や幼虫は、
ノミの成虫用の殺虫剤では殺せないため、
掃除機などで吸い取る事が、一番効果的な駆除方法です。

とにかく、毎日徹底的に掃除機をかけること
長い目で見ると、これがノミ退治には
最も効果的です。

また、ノミは掃除機のホコリの中でも増殖してしまうので、
掃除機をかけたら中身はすぐに捨てましょう。


4) ノミの駆除は「徹底的」に
ノミが一度発生したら、室内・屋外問わず、ありとあらゆるところに
ノミの発生が広がっている可能性があります。
特にペットがいる場合は、ペットの体から卵が落ちて、
あちこちに卵が潜んでいる可能性があります。
カーペット・ソファなどの家具や、ペットの寝床はもちろん、
衣類・ふとんまでノミが潜んでいそうなところは
徹底的に駆除しましょう。
  

5) 最悪の場合は「業者に頼もう」
  ノミを駆除するため、何度も同じ殺虫剤を使用していると、
  ノミに薬に対する耐性ができてしまい
  効かなくなってしまうことがあります。
  また何種類かの薬を組み合わせてしまうと、
  ヒトやペットに有害な影響を及ぼすこともあります。
  自分でするノミの駆除が難しいと感じたら、
  専門の害虫駆除業者に相談してみましょう。
 

  目次へ戻る

2006/06/14 17:18

ノミはどこからやってくる? 

ノミはどこからやってくるのか?
~主な発生源は野良猫やペット~


現在ではヒトノミがほとんどいないことから、
ノミの発生源は動物(ネコ・イヌ・ネズミ)であることが
ほとんどです


ノミの主な発生源を挙げてみると・・

1)野良猫:家の周り、庭、ベランダ、床下、ガレージなどをうろついていませ
 んか?

2)ペット(飼い猫を外に出しているケース)

3)人間
  -外出時にノミが発生している場所(草むら・公園・庭な
   ど)を歩いて靴や衣服にくっついたまま持ち帰る 
  
  -ペットを飼っている家に遊びに行って成虫や
   卵を靴下などに付けたまま持ち帰る
 

また今現在ペットを飼っていなかったり、野良猫が周囲にいない場合でも、
以前ネコなどのペットを飼っていたり、
野良猫が住み着いていた場合には、
ノミの卵・さなぎを大量に残していった可能性もあります。

また床下などにネズミが発生している場合、
ネズミの屍骸から大量にノミが発生することもあります。

せっかくノミを駆除して退治しても、
またすぐ持ち込まれてしまわないように、
しっかりとノミの進入経路を断ってノミの予防対策をしましょう。

たとえば、
1) 野良猫の進入経路をシャットアウトする
2) ペットのノミ対策を徹底する
3) 外出時には、足元などに虫除けスプレーをかけてノミ除けする


などを心がけましょう。


目次へ

2006/06/12 12:54

ノミのライフサイクル 

ノミのライフサイクル

ノミの一生は、4つのステージにわかれています。

1) 卵
2) 幼虫
3) さなぎ
4) 成虫

ノミの卵・幼虫・さなぎ・成虫の写真はこちら

このうち、ヒトやペットを刺し被害をあたえるのは成虫のノミだけです。

ノミのそれぞれのステージの期間は、

卵(2~5日) 
幼虫(4~20日)
さなぎ(4~200日) 
成虫(40~120日)

ノミの成長は、気温・湿度によって影響されます。
ノミの発生に理想的な6月~9月は気温や湿度が高く
(気温24~30℃、湿度60~80%)、
大体3週間で卵→幼虫→さなぎ→成虫へと成長してしまいます。
ノミが夏に集中して大発生するのはこのためです。

またノミの成虫は、ノミ全体のわずか5%にすぎず、
大部分の95%はノミ予備軍である卵・幼虫・さなぎです
つまりノミの成虫を駆除しても、
すぐにまた卵がかえり、ノミが繁殖をくりかえしてしまいます。
卵・幼虫・さなぎのノミ予備軍を退治しない限り、ノミを完全に駆除することは不可能です。

またノミの「さなぎ」には強い耐性があり、ノミの繁殖に適さない環境(低温・低湿)をじっと乗りきって生存し続けます。
ノミの「さなぎ」は寒い冬を越す事だって可能です。
なので、昨年発生していなくなったかのようにみえたノミが、翌年の夏、また発生することだってあります。

またノミの「さなぎ」はノミを殺す殺虫剤にも抵抗力があります。

ノミの駆除には、ノミのそれぞれの成長ステージ(卵・幼虫・さなぎ・成虫)それぞれの特徴をつかみ、それにあわせたノミの駆除が不可欠です。

ノミの駆除方法へ

2006/06/04 13:36

恐怖! ノミの繁殖力 

ノミのすごい繁殖力

ノミの駆除が難しい理由の一つは、ノミの恐るべき繁殖力にあります。
その繁殖力は、ハンパではありません。

ノミは1日数十個、平均して1週間で200個以上もの卵を産みます。
あるデータによると、メスのノミが10匹いると、
30日後には約2千匹のノミの成虫が、また成虫の予備軍(卵・さなぎ・幼虫)などはなんと25万匹以上になるそうです。


・・・・・。


恐るべし!ノミの繁殖力。

いま、するたんがこうやってブログを書いている間にも、
寝ている間も、テレビを見てる間にも、
ノミは確実に膨大な卵を産み、
カーペットや床の割れ目やペットの寝床にひそみ、
着々とその数を増やしています。

恐ろしいことになる前に、徹底的にノミを駆除しましょう。

しかしノミの駆除を経験した人はおわかりかと思いますが、
ノミ退治はかなり難しく、
一回の駆除で完全にノミを退治することはほぼ不可能です。
一時的にいなくなったかのようにみえても、
ほとんどの場合、1ヶ月~90日後にノミはまた復活してしまいます。


その理由は、ノミのライフサイクルにあります。
ノミを駆除し、完全に退治するため、
ノミのライフ・サイクルをよく知りましょう。


ノミのライフサイクルへ



目次へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。