ノミを退治するブログ

家庭やペットにつく厄介な害虫、ノミ。 ノミの生態・刺された時の症状・駆除・ノミ除けと予防法・ペットのノミ対策までノミを徹底分析!家庭でできる、ノミを確実に退治する方法教えます。

--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/05/24 09:18

ノミの種類 

ノミの種類

ノミは世界中に約1500種類以上生息し、
日本には70~80種類いるそうです。

主な種類はネコノミネズミノミイヌノミヒトノミですが、
決まった寄生主だけ刺すわけではなく、
例えばネコノミはネコ以外の動物、ヒトやイヌも刺します。

日本は衛生状態の改善でヒトに寄生するヒトノミによる被害は
最近ほとんどないそうです。
代わりにネコやイヌなどのペットが持ち込むノミの被害があり、
とくにネコノミの被害が増えているとか。

       
        次はノミの繁殖力
スポンサーサイト

2006/05/23 10:54

ノミについて知ろうその1~ノミはどんな害虫?~ 

ノミはどんな害虫?

ノミとは?

ノミは昆虫の仲間で、動物の体の表面につき吸血する外部寄生虫です。 4千万年前から地球上に存在しているとか。

大きさ
体長1~9mmととても小さいですが、その跳躍力は体長の100~200倍。地上から20~30センチの高さまでジャンプできます。ノミに刺された場合、足のひざから下に集中しているのは
このためです。

:褐色(かっしょく)。

体型
平べったい体形でバネのような足がついています。
この体型がヒトやペットなどの毛の間や衣類に潜ったり、
移動するのに都合よくなっているそう。
下着やソックス、衣類の縫い目などにそって移動して刺す事も多いです。

体の表面
キチンという硬い殻(カラ)に覆われていてます。
平べったい体型と硬い殻(カラ)でつぶしにくいです。

器官
ノミの触覚は動物のにおいや体温などを感知。
ノミは動物の体から出される、二酸化炭素や振動などを察知して飛びつきます。
またノミの口には管(くだ)がついており、
吸血する時血液が固まるのを防ぐ化学物質
を注入します。これがアレルギー反応を起こし、
ひどいかゆみの原因になります。

ノミはメス・オスともに吸血。20分間と長い時間吸血するそうです。                 

次は人に被害を与えるノミの種類



・・・情報はあなたのお役に立てたでしょうか?
  ブログランキングへご協力ください→ 



 

2006/05/21 19:43

ノミ刺されの症状(写真) 

ノミ刺されの症状(写真)

ノミに刺された時の症状は前回の記事で詳しく書きましたが、
実際に見てみるともう少しはっきりすると思います。
写真をご覧ください。

刺された時の反応は個人差がありますが、
以下の写真はするたんがいろいろ見た中で、
自分の刺された痕に一番近いと思ったものです。



写真1ノミに刺されたアップの写真
よくみると中心に小さな噛み痕が。





写真2:ノミにさされた背中の写真(下)。このように数ヶ所さされる事が多いです。
flea 2

注1:Copyright (c) 2006 Surutan.
Permission is granted to copy, distribute and/or modify this documentunder the terms of the GNU Free Documentation License, Version 1.2or any later version published by the Free Software Foundation;with no Invariant Sections, no Front-Cover Texts, and no Back-Cover Texts.A copy of the license is included in the section entitled "GNU Free Documentation License".



最初、ノミさされに気づいてから
数時間~一日目は写真2のように赤くはれ、
さらに時間がたつと、だんだん噛み痕がはっきりわかり、
写真1のようになりました。

ちなみにかゆみは1~2日目がピークで、
大体数日~1週間くらい続きます。


もっと詳しい特徴は、ノミ刺されの症状



2006/05/21 18:22

ノミに刺された時の症状 

ノミ刺されの症状


かゆい虫さされに悩まされていて、
「もしかしたらノミ?!」と思われたら、
以下の特徴と比べてみてください。
(注意:これはするたんが実際の経験と、ネットなどで集めた情報をもとにしています。刺された反応には個人差がありますので、あくまで参考にしてください)

1.激しい痒みがある
蚊のさされなんてメじゃありません。
仕事が手につかなかったり、睡眠不足になることも。

2.痛み・熱を伴うかゆみが数日~1週間ほどつづく

3.刺された部分が赤くてかたく、5mm~1cmの大きさ

4.時間が経つと、中心に小さな噛み痕がみえることがある

5.刺される場所が下半身に集中している
特に足、足首、ひざのまわり、すね、腰、背中など

6.肌が露出していない部分もさされる
蚊などは肌が外に出ている部分しか刺しませんが、
ノミは衣服の中を伝って移動できます。
靴下・下着・衣類の縫い目などにそって噛み痕が多いのも特徴です。

7.跡が赤黒く残り、消えない刺された痕が数ヶ月~数年残ります。

8.かゆみが後になってぶりかえす
数ヶ月後・数年後になってもかゆみがぶり返すことも。

9.刺された部分が離れて2・3箇所~数箇所ある事が多い
蚊などと違って、ノミは何度も刺して吸血します。

10.刺されてから数時間経ってからかゆみがはじまる
「かゆい」と思った時には、
ノミはもうどこかへいってしまっています。
これが原因で気づかないうちに何箇所もさされてしまうのです。


・・いかがですか?あなたの虫さされはノミが原因のようですか?
「まだよくわからない」という方は、
ノミ刺されの写真も参考にしてください。

ノミの被害とわかったら、早速ノミ退治!
ノミは繁殖力が強いので、
早く徹底的に駆除しないとますます増えて大変なことになります。

またノミを退治するには、
卵・幼虫・成虫それぞれの対策を取って
駆除しないと、またすぐ繁殖してしまいます。

まずは、ノミを良く知ることからはじめてみましょう。

2006/05/21 16:57

この虫刺され・・もしかしてノミ?! 

ノミさされは被害の原因が「ノミ」と断定されるまで
時間がかかる事があります。

その原因は

1.人によって刺される人・刺されにくい人がいる。
同じ場所で生活していても、家族の中で一人だけさされる・・
というのもよくある話です。
なので皮膚アレルギーなどのほかの皮膚病と間違われ、
ノミの被害だとわかるまで時間がかかることがあります。

実はするたんがそうでした。
家族の中でさされるのはするたん一人だけ。
ついたあだ名が「ノミ磁石」(涙)。

2.ペットのいる家だけがノミの被害にあるという誤解
ネコやイヌなどがノミの原因になることは多いですが、
ペットを飼っていない家庭でも、 野良猫などに
よって持ち込まれたり、 外を歩いた靴や靴下などに
卵がついたまま
家に持ち込まれる事があります。
ペットがいるかいないかは、
ノミを見つける目安にはならないそうです。

ちなみにするたんの家は、

・中古の家(築35年)を購入。元の家主が放し飼いのネコを飼っていた 

・隣の家でネコを放し飼い。するたんの家のベランダでよく遊んでいた。その後お隣はネコとともにお引越し。ノミと卵を大量に残して去って行った。

がノミが発生した原因のようです。

ノミは寄生主(ネコ・イヌ)がいなくなると、
生存するためにその他の獲物(人間)を探し、激しく刺す

という習性を持っているそうです。

次はノミに刺された時の症状について詳しくお話します。


目次へ戻る

2006/05/20 07:51

はじめに 

はじめまして。するたんです。

寒い北国生まれで子供の頃は家でペットも飼っておらず、
ノミなど見たこともなく、存在すらほとんど知りませんでした。

             が。

数年前に暖かな土地にお引っ越し。
その後、毎年初夏になると妙な虫さされに悩まされるようになりました。

とにかく・・「カユイ!」

その痒さはもう、夜も眠れないほど。
足を中心に毎年、数箇所以上刺され、
殺虫剤をまいても効果がなし。
しかもさされた痕が消えず、みにくく残ってしまいました。


なんとか原因をつきとめようようと、
それこそ必死になってネットなどで調べてみましたとも。
そしてたどりついた結論は、
「これは・・もしかしてノミ?」

ノミでした。

その日から、するたんのノミとの戦いの日々がはじまりました。
敵は姿が見せずして(小さすぎて)、家や庭やペットの中などにじっとひそみ、
卑怯な手段で獲物(するたん)を刺し、甚大な被害を与え、人々と犬・猫を恐怖に落としいれる、まるで家の中の小さなテロリスト。

かゆいだけではなく、小さなペットはノミの吸血によって貧血を起こすことや、
ノミを媒介にしたコワイ病気だってあるのです。


そろそろ梅雨の季節。
これから夏にかけて、ノミが大発生する時期です。
数年にかけてノミと戦ってきたするたんが、
「ノミ撲滅!」の願いをこめ、
ノミ退治のノウハウを綴ってまいります。


目次へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。