ノミを退治するブログ

家庭やペットにつく厄介な害虫、ノミ。 ノミの生態・刺された時の症状・駆除・ノミ除けと予防法・ペットのノミ対策までノミを徹底分析!家庭でできる、ノミを確実に退治する方法教えます。

--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/06/12 12:54

ノミのライフサイクル 

ノミのライフサイクル

ノミの一生は、4つのステージにわかれています。

1) 卵
2) 幼虫
3) さなぎ
4) 成虫

ノミの卵・幼虫・さなぎ・成虫の写真はこちら

このうち、ヒトやペットを刺し被害をあたえるのは成虫のノミだけです。

ノミのそれぞれのステージの期間は、

卵(2~5日) 
幼虫(4~20日)
さなぎ(4~200日) 
成虫(40~120日)

ノミの成長は、気温・湿度によって影響されます。
ノミの発生に理想的な6月~9月は気温や湿度が高く
(気温24~30℃、湿度60~80%)、
大体3週間で卵→幼虫→さなぎ→成虫へと成長してしまいます。
ノミが夏に集中して大発生するのはこのためです。

またノミの成虫は、ノミ全体のわずか5%にすぎず、
大部分の95%はノミ予備軍である卵・幼虫・さなぎです
つまりノミの成虫を駆除しても、
すぐにまた卵がかえり、ノミが繁殖をくりかえしてしまいます。
卵・幼虫・さなぎのノミ予備軍を退治しない限り、ノミを完全に駆除することは不可能です。

またノミの「さなぎ」には強い耐性があり、ノミの繁殖に適さない環境(低温・低湿)をじっと乗りきって生存し続けます。
ノミの「さなぎ」は寒い冬を越す事だって可能です。
なので、昨年発生していなくなったかのようにみえたノミが、翌年の夏、また発生することだってあります。

またノミの「さなぎ」はノミを殺す殺虫剤にも抵抗力があります。

ノミの駆除には、ノミのそれぞれの成長ステージ(卵・幼虫・さなぎ・成虫)それぞれの特徴をつかみ、それにあわせたノミの駆除が不可欠です。

ノミの駆除方法へ
スポンサーサイト

2006/06/04 13:36

恐怖! ノミの繁殖力 

ノミのすごい繁殖力

ノミの駆除が難しい理由の一つは、ノミの恐るべき繁殖力にあります。
その繁殖力は、ハンパではありません。

ノミは1日数十個、平均して1週間で200個以上もの卵を産みます。
あるデータによると、メスのノミが10匹いると、
30日後には約2千匹のノミの成虫が、また成虫の予備軍(卵・さなぎ・幼虫)などはなんと25万匹以上になるそうです。


・・・・・。


恐るべし!ノミの繁殖力。

いま、するたんがこうやってブログを書いている間にも、
寝ている間も、テレビを見てる間にも、
ノミは確実に膨大な卵を産み、
カーペットや床の割れ目やペットの寝床にひそみ、
着々とその数を増やしています。

恐ろしいことになる前に、徹底的にノミを駆除しましょう。

しかしノミの駆除を経験した人はおわかりかと思いますが、
ノミ退治はかなり難しく、
一回の駆除で完全にノミを退治することはほぼ不可能です。
一時的にいなくなったかのようにみえても、
ほとんどの場合、1ヶ月~90日後にノミはまた復活してしまいます。


その理由は、ノミのライフサイクルにあります。
ノミを駆除し、完全に退治するため、
ノミのライフ・サイクルをよく知りましょう。


ノミのライフサイクルへ



目次へ戻る

2006/05/24 09:18

ノミの種類 

ノミの種類

ノミは世界中に約1500種類以上生息し、
日本には70~80種類いるそうです。

主な種類はネコノミネズミノミイヌノミヒトノミですが、
決まった寄生主だけ刺すわけではなく、
例えばネコノミはネコ以外の動物、ヒトやイヌも刺します。

日本は衛生状態の改善でヒトに寄生するヒトノミによる被害は
最近ほとんどないそうです。
代わりにネコやイヌなどのペットが持ち込むノミの被害があり、
とくにネコノミの被害が増えているとか。

       
        次はノミの繁殖力

2006/05/23 10:54

ノミについて知ろうその1~ノミはどんな害虫?~ 

ノミはどんな害虫?

ノミとは?

ノミは昆虫の仲間で、動物の体の表面につき吸血する外部寄生虫です。 4千万年前から地球上に存在しているとか。

大きさ
体長1~9mmととても小さいですが、その跳躍力は体長の100~200倍。地上から20~30センチの高さまでジャンプできます。ノミに刺された場合、足のひざから下に集中しているのは
このためです。

:褐色(かっしょく)。

体型
平べったい体形でバネのような足がついています。
この体型がヒトやペットなどの毛の間や衣類に潜ったり、
移動するのに都合よくなっているそう。
下着やソックス、衣類の縫い目などにそって移動して刺す事も多いです。

体の表面
キチンという硬い殻(カラ)に覆われていてます。
平べったい体型と硬い殻(カラ)でつぶしにくいです。

器官
ノミの触覚は動物のにおいや体温などを感知。
ノミは動物の体から出される、二酸化炭素や振動などを察知して飛びつきます。
またノミの口には管(くだ)がついており、
吸血する時血液が固まるのを防ぐ化学物質
を注入します。これがアレルギー反応を起こし、
ひどいかゆみの原因になります。

ノミはメス・オスともに吸血。20分間と長い時間吸血するそうです。                 

次は人に被害を与えるノミの種類



・・・情報はあなたのお役に立てたでしょうか?
  ブログランキングへご協力ください→ 



 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。