ノミを退治するブログ

家庭やペットにつく厄介な害虫、ノミ。 ノミの生態・刺された時の症状・駆除・ノミ除けと予防法・ペットのノミ対策までノミを徹底分析!家庭でできる、ノミを確実に退治する方法教えます。

--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/05/20 16:33

目次 


ノミについて知ろう



 さあノミ退治!




FC2 Management

2006/07/07 05:48

ノミの駆除 室内編 2 

ノミの駆除 室内編 2 

私(するたん)が実際に試した室内のノミの駆除法をご紹介します。

ステップ1:徹底的に掃除!
ノミがいると疑われるところは、
まず徹底的に電気掃除機をかけましょう。
掃除機は成虫だけではなく
ノミの卵や幼虫、さなぎまでも吸い取ってくれます。
特にカーペット・畳・床の裂け目・部屋の隅・家具の下など
ホコリのたまりやすいところは集中的に。

ステップ2:洗濯と整理!
ペットの寝床(ネコ・犬用の毛布など)、ソファ、カーペット、
ふとん、クローゼットの衣類など
洗濯できるものは多めの量の熱湯で洗濯機で洗うか、
クリーニングに出します。
高温のアイロンをあてるという方法もあります。

もし洗濯できずノミの発生がひどい場合、
思い切って捨てられるものは捨てたり、買い換えましょう。
もったいない気もしますが、
ノミの卵などが繊維の奥のほうに入ってしまうと、
掃除機でも吸い取る事は難しいです。

ステップ3:薬をまく
バルサン・アースレッドなどの蒸散タイプのもの。
私の家では、スプレータイプのものよりも効果がありました。
薬品を使用した後、2~3時間は部屋には入れませんが
その分効果は絶大です。
とりあえず成虫駆除には一番速攻で利きました。
が、1~2ヶ月後にはまたノミが発生してくる場合もあるので
繰り返し、根気よく使用する事が大切です。

2006/06/17 10:13

幼虫発育阻害剤(IGR)とは 


幼虫発育阻害剤とは

幼虫発育阻害剤 (IGR=Insect Growth Regulator)
●ルフェヌロン
●ピリプロキシフェン など

幼虫発育阻害剤とは?

幼虫発育阻害剤とは昆虫の成長を妨げる薬剤
(英語名:IGR=Insect Growth Regulator)
ノミ・ダニ・ゴキブリなどの寄生昆虫が成長するのを
妨げる効果があります。

主な阻害剤は、ルフェヌロンとピリプロキシフェン。
ルフェヌロンは昆虫の体表を作っているキチンの合成を阻害、
ピリプロキシフェンは昆虫ホルモンと同じ作用を持つ化合物で
昆虫の変態(卵→幼虫→さなぎ→成虫)を阻害し、
正常な成長を妨げます



ノミが成長し成虫になるのを防ぐ事ができるため、
• ノミに刺されるのを防ぐ(ヒトや動物を刺すのは成虫だけ)
• ノミが繁殖するのをふせぐ
などの効果があります。

ペットのノミ駆除剤として知られているフロントライン
アドバンテージ・プラスなどは、この幼虫発育阻害剤を含んでいます。


その効果は絶大で即効性があり
1~6ヶ月、ノミの発育を防ぐ事が可能。
続けて使用するうち、ノミは繁殖が妨げられて次第に数が減り、
いずれ絶滅してしまいます。
また、昆虫にのみ効くので、ヒトや動物には
ほとんど害はないそうです。

ただし、成虫を殺す作用はないので、
現在すでにノミが発生している場合には、
成虫を駆除する殺虫剤と併用しなければなりません。

アメリカなどでは室内・屋外用の幼虫発育剤が
ネットなどで買えますが、
日本では残念ながら、ペット用の錠剤・投与薬以外は
市販されていないようです。
(注:これは私が調べた限りの情報ですので、もしご存知の方がいたら是非教えてください)

幼虫発育剤が入っている駆除剤などが見つかったら、また情報をUPします。


目次へ戻る

2006/06/16 09:25

ノミの駆除 ~室内編~ 

ノミの駆除 ~室内編~
ノミはどこにいる?


家庭内でノミがひそみやすいところは

1.カーペット:カーペットの表、裏、繊維の奥深くまで
2. ソファー:ソファーの下、クッションの裏側や中の繊維など
3. ベッド:ベッドの下のほこり、マットレスの継ぎ目など
4. ふとん
5. 衣類:ズボンの折り返し、生地の継ぎ目
6. :板の間の継ぎ目・裂け目など
7.
8. ペットの寝床
9. 家具の下、部屋の隅などホコリのたまりやすいところ

ノミの幼虫は「暗い場所」を好み、「下に向かう習性」があります。幼虫がそのまま「さなぎ」になり、孵化(ふか)して成虫になるので、
上の1~9に挙げた場所は室内でも要注意です。

目次へ戻る

2006/06/15 08:21

ノミの駆除 基本編 1 はじめに知っておこう 

ノミの駆除 基本編 1
~はじめに知っておこう~


さあ、ノミ退治のはじまり!
でもノミの駆除を成功させるために
是非知っておいて欲しい事があります。

1) ノミの駆除は「根気よく」
ノミは一度の駆除で完全には退治できません。
成虫を退治しても、殺虫剤にも強い「卵」や「さなぎ」は殺せません。
1~2ヵ月後にはまたすぐに繁殖してしまいます。
ノミ退治は根気が大切。
根気よく続ければ、ノミは必ず撲滅できます。

2) ノミの駆除は「幼虫対策」が一番大切
ノミの成虫は発生したノミのわずか5%にすぎず、
95%は卵・さなぎ・幼虫です。
特に「卵」と「さなぎ」は強い殺虫剤にもまけず、
冬を越す事だって平気です。
ですからノミ退治は成虫を駆除することはもちろんですが、
「卵」「さなぎ」「幼虫」を退治する事が一番肝心です。
これらのノミ予備軍には「幼虫発育阻害剤」という薬が必要です。
                
           →「幼虫発育阻害剤」について詳しくはこちら


3) 部屋はいつも「清潔」に
ノミの幼虫はホコリの中などに多く潜んでいます。
床下・ソファ・カーペット・ふとん・ペットの寝床、
床・畳の隙間・家具の下などに入り込み、
ヒトやペットの毛・ツメ・フケ・皮膚のかけら、
ふとんやクッションの羽、親のフン、ゴミなど
あらゆる有機物をエサにしています。

これらのノミのエサを断つため
ノミがいそうな場所は、いつも清潔を保ちましょう。

またノミの卵や幼虫は、
ノミの成虫用の殺虫剤では殺せないため、
掃除機などで吸い取る事が、一番効果的な駆除方法です。

とにかく、毎日徹底的に掃除機をかけること
長い目で見ると、これがノミ退治には
最も効果的です。

また、ノミは掃除機のホコリの中でも増殖してしまうので、
掃除機をかけたら中身はすぐに捨てましょう。


4) ノミの駆除は「徹底的」に
ノミが一度発生したら、室内・屋外問わず、ありとあらゆるところに
ノミの発生が広がっている可能性があります。
特にペットがいる場合は、ペットの体から卵が落ちて、
あちこちに卵が潜んでいる可能性があります。
カーペット・ソファなどの家具や、ペットの寝床はもちろん、
衣類・ふとんまでノミが潜んでいそうなところは
徹底的に駆除しましょう。
  

5) 最悪の場合は「業者に頼もう」
  ノミを駆除するため、何度も同じ殺虫剤を使用していると、
  ノミに薬に対する耐性ができてしまい
  効かなくなってしまうことがあります。
  また何種類かの薬を組み合わせてしまうと、
  ヒトやペットに有害な影響を及ぼすこともあります。
  自分でするノミの駆除が難しいと感じたら、
  専門の害虫駆除業者に相談してみましょう。
 

  目次へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。